千束稲荷神社

地下鉄・三ノ輪駅から一葉記念館を目指して進み、竜泉二丁目の交差点を右に曲がると、すぐ看板が目に入る。

『たけくらべ』前半の山場である表町組と横町組のケンカは、ここ千束稲荷神社の夏祭りの晩に起こったものだ。

 

 

作中では8月に行われている千束稲荷神社の祭りだが、現在は5月の第4土曜日に執り行われる(3年に一度の本祭りは5月第4日曜)。

 

千束稲荷神社は江戸中期の創建と考えられている。

龍泉寺村が出来上がってからは、村の氏神様として信奉されてきたそう。

 

 

本殿に向かって左側に建つ一葉の胸像は見上げるほどの高さ。実寸に近いものを想像していたので、ちょっと圧倒される。

台座の前には、千束稲荷について触れた日記の一節が刻まれている。

 

 

正面の碑文。明治26(1893)年8月19日、「塵中日記」の一節が自筆で刻まれている。

「明日ハ鎮守なる千束神社の大祭なり

今歳は殊ににぎはしく山車などをも

引出るとて人々さわぐ

樋口夏」

 

 

『たけくらべ』の2章は「八月二十日は千束神社のまつりとて、山車屋台に町々の見得をはりて、土手をのぼりて廓内までも入込まんず勢い」と、千束神社夏祭りの描写から始まる。

日記に書きつけた情景が、そのまま作品に反映されているのが興味深い。

「今年は殊に」と日記にはあるが、竜泉に越してきたのはこの年の7月。一葉は以前にも千束稲荷神社の大祭を目にした上で、「殊に」と書いたのか、はてまたご近所の評判を受け売りしたのか。

 

 

お札の肖像画より彫りが深く、きりりと引き締まった表情が印象的である。

竜泉での一葉一家は荒物屋を営んでいた。

大祭の賑わい比べ、我が家の店先は飾りつけも品ぞろえも淋しい、と一葉は日記の中で嘆いている。さりとて品を増やそうにも仕入れに回せる金が足りない‐。

明日の朝には返すからと前借りして、50銭分のマッチを補充する姿が涙ぐましい。

そう思って見返すと、一葉像の横顔もどこか懊悩しているようである。

 

 

住所○東京都文京区2-19-3

アクセス○東京メトロ千代田線「三ノ輪」駅より徒歩5分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です