樋口一葉旧居跡(竜泉)

 

本郷・菊坂と並ぶもうひとつの旧居跡。

三ノ輪駅から国際通りを一葉記念館へ向って進み、竜泉の交差点を左折したところに、樋口一葉旧居跡の碑が立てられている。

すぐそばには一葉記念館、「一葉ワイン」を扱うマインマートがある。

碑の位置は一葉宅の左隣りにあった酒屋の跡。一葉宅は碑から東へ6mほど離れた場所にあった。

 

明治26年(1893)7月20日、一葉は商売で生計を立てる決意を固め、この地、下谷龍泉寺町三六八番地へ転居する。間口2間(約3.6m)、奥行5間半(約10m)、11坪という小さな長屋だった。

隣は酒屋と人力車屋、向かいは下駄屋。いわゆる下層階級の人々が住む街であった。一葉はこの地で荒物(ほうき、ざるなどの日用品)と駄菓子の店を営むことにした。

しかし、商売を始めるにも金が要る。今は亡き父・則義と親しかった人物を訪ね回って金を工面し、ようやく5円の開店資金をかき集めた。

8月5日、開店初日の店先に並んでいた品々は、ほうき、はたき、たわし、雪駄、草鞋、元結、箸、ようじ、歯磨き粉、ランプの芯、ふのり等。自分たちが見ても淋しいと感じる品揃えであった。

仕入れは一葉が担当し、早朝に神田・多町の市場まで買い出しに出向いた。店番は妹・くにの役目だったので、日中は執筆や文学の勉強に専念できるという腹づもりであった。

まさに士族の商法。最初は買い出しに人力車で出向いたり、仕入れ値より安く売ってしまったりと失敗もあったが、徐々に商売も板についてきた。当初は荒物が中心であったが、やがて駄菓子、おもちゃ、学用品なども並べるように。

店先は駄菓子を求める子供たちでにぎわい、その姿から一葉は『たけくらべ』の登場人物たちを着想していったと言われている。

 

順調に見えた商売であったが、はす向かいにライバル店ができたことで売り上げが急落。母や妹も薄利の商いに不満を持ち始めたことから、翌27年5月には店をたたみ本郷・福山町に引っ越してしまう。

1年にも満たない竜泉生活であったが、吉原や鷲神社のにぎわい、四季の行事を間近で体感したことが『たけくらべ』へとつながっていく。

 

DETA

住所○東京都台東区竜泉3-15-3

アクセス○東京メトロ「三ノ輪」より徒歩8分

築地本願寺 和田堀霊廟

一葉の墓は杉並区の永福、本願寺の分院である和田堀霊廟にある。

 

 

明治29年(1896)11月23日午前、一葉は24歳の生涯を閉じる。葬儀は25日に築地本願寺で行われた。

父・則義とともに築地本願寺に埋葬された一葉であるが、大正12年(1923)の関東大震災で境内が罹災。再建のため多くの墓とともに杉並へ移転することとなった。

 

和田堀霊廟には一葉の他、九条政子夫人、中村汀女、海音寺潮五郎ら多くの著名人も眠っている。

門をくぐって本堂に至っても、とりたてて「樋口一葉の墓」といった表示はない。墓地の中央を通る桜並木を少し行くと、左手に「樋口一葉女史墓所入口」の案内が見えてくる。

 

 

案内に従って最初の角を右に入り、6つ墓石を数えれば、そこが一葉の墓である。ひとつだけ生垣で区切られているので見つけやすいだろう。

 

 

墓石には「先祖代々」「樋口家」と刻まれている。脇に回り込むことは出来ないが、泉鏡花の随筆『一葉の墓』に従えば、「智相院釋妙葉信女(ちそういんしゃくみょうようしんにょ)」と刻まれているはずだ。

築地にあった頃、一葉の墓に詣でた鏡花はこの随筆の中で「ただ観たるのみ、別にいうべき言葉もなし。さりながら青苔の下に霊なきにしもあらずと覚ゆ」と綴っている。

 

DETA

住所○東京都杉並区永福 1-8-1

アクセス○京王井の頭線「明大前」駅より徒歩10分

法真寺(桜木の宿)

 

横断歩道をはさみ、東大の象徴である赤門の真向かいに建つのが法真寺だ。

一葉が幼少期を過ごした家は現在、法真寺の境内となっている。当時は寺の東隣に建っていた。

45坪もある立派な屋敷で、庭には立派な桜の木があったという。

父・則義もまだ健在で警視病院の会計係を務めており、家は裕福だった。経済的には最も恵まれた時期に過ごしたこの家を、一葉は「桜木の宿」として懐かしんだ。

 

一葉はここで4歳から9歳(明治9~14年)までの5年間を過ごしている。

日記『塵の中』で「草草紙が好きで、手鞠や羽子板をなげうって読みふけっていた。特に好きだったのは英雄豪傑の物語だった」と振り返っているのが「七つといふとし」だから、ちょうどこの時期にあたる。

「普通の一生で終わりたくない。竹のひと節でもいいから抜きん出た身になりたい」と志したのは「九つ斗(ばかり)の時」。作家・一葉の土台は桜木の宿で形成されたと言えるだろう。

 

境内にある「一葉塚」の背後には、草草紙を手にする少女・一葉の像がある。有名な肖像写真をほうふつとさせる、きりりとした眉立ちだ。

像の脇には桜の木が植えられている。品種はその名も「一葉」。

 

 

本堂右手にあるベンチにも、一葉をモチーフにしたと思われるブロンズ像が。

髪を下した袴姿は、木下杢太郎記念館にある写真を思わせる。

 

 

毎年11月23日には「文京一葉忌」が執り行われる。過去には瀬戸内寂聴の講演や、幸田弘子による朗読が催された。

 

DETA

住所○東京都文京区本郷5-27-11

アクセス○東京メトロ丸ノ内線/都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩5分

東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩5分