旧伊勢屋質店

一葉ゆかりの場所は、ほとんどが「跡」としてしか存在していない。

旧伊勢屋質店は彼女が生前、足を運んだ時とほとんど変わらぬ姿をとどめている貴重なスポットである。

旧伊勢屋質店は菊坂を下がりきった手前にある。

坂下から見て左手。軒の大きく張り出した出桁造りの建物と、白壁の蔵はよく目立つ。

伊勢屋の創業は万延元年(1860)。勝海舟や福澤諭吉を乗せた咸臨丸がアメリカへ旅立った年である。

明治23年(1890)9月、一葉が本郷菊坂に引っ越してきてから伊勢屋との付き合いは始まった。3年後、台東区の竜泉に移っても金策のために通い続け、没するまでの6年間にわたり関係は続くこととなる。

当時の主人・二代目永瀬善四郎は作家としての一葉に気づいておらず、新聞の訃報でようやく樋口夏子がその人であると知った。

「そんな方とは、ちっとも存じませんで」と悪い事でもしたように、善四郎は香典1円を届けている。

昭和57年(1982)に質店は廃業。平成26年(2014)には取り壊しの話も出たが翌年、跡見女子大学が敷地・建物を買い取ることで解決。土日に限り一般公開も行われるようになった。

DETA

住所○東京都文京区本郷5-9-4

アクセス○東京メトロ丸ノ内線/都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩7分

東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩7分

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする