千束稲荷神社

地下鉄・三ノ輪駅から一葉記念館を目指して進み、竜泉二丁目の交差点を右に曲がると、すぐ看板が目に入る。

『たけくらべ』前半の山場である表町組と横町組のケンカは、ここ千束稲荷神社の夏祭りの晩に起こったものだ。

 

 

作中では8月に行われている千束稲荷神社の祭りだが、現在は5月の第4土曜日に執り行われる(3年に一度の本祭りは5月第4日曜)。

 

千束稲荷神社は江戸中期の創建と考えられている。

龍泉寺村が出来上がってからは、村の氏神様として信奉されてきたそう。

 

 

本殿に向かって左側に建つ一葉の胸像は見上げるほどの高さ。実寸に近いものを想像していたので、ちょっと圧倒される。

台座の前には、千束稲荷について触れた日記の一節が刻まれている。

 

 

正面の碑文。明治26(1893)年8月19日、「塵中日記」の一節が自筆で刻まれている。

「明日ハ鎮守なる千束神社の大祭なり

今歳は殊ににぎはしく山車などをも

引出るとて人々さわぐ

樋口夏」

 

 

『たけくらべ』の2章は「八月二十日は千束神社のまつりとて、山車屋台に町々の見得をはりて、土手をのぼりて廓内までも入込まんず勢い」と、千束神社夏祭りの描写から始まる。

日記に書きつけた情景が、そのまま作品に反映されているのが興味深い。

「今年は殊に」と日記にはあるが、竜泉に越してきたのはこの年の7月。一葉は以前にも千束稲荷神社の大祭を目にした上で、「殊に」と書いたのか、はてまたご近所の評判を受け売りしたのか。

 

 

お札の肖像画より彫りが深く、きりりと引き締まった表情が印象的である。

竜泉での一葉一家は荒物屋を営んでいた。

大祭の賑わい比べ、我が家の店先は飾りつけも品ぞろえも淋しい、と一葉は日記の中で嘆いている。さりとて品を増やそうにも仕入れに回せる金が足りない‐。

明日の朝には返すからと前借りして、50銭分のマッチを補充する姿が涙ぐましい。

そう思って見返すと、一葉像の横顔もどこか懊悩しているようである。

 

 

住所○東京都文京区2-19-3

アクセス○東京メトロ千代田線「三ノ輪」駅より徒歩5分

旧伊勢屋質店

一葉ゆかりの場所は、ほとんどが「跡」としてしか存在していない。

旧伊勢屋質店は彼女が生前、足を運んだ時とほとんど変わらぬ姿をとどめている貴重なスポットである。

旧伊勢屋質店は菊坂を下がりきった手前にある。

坂下から見て左手。軒の大きく張り出した出桁造りの建物と、白壁の蔵はよく目立つ。

 

 

 

伊勢屋の創業は万延元年(1860)。勝海舟や福澤諭吉を乗せた咸臨丸がアメリカへ旅立った年である。

明治23年(1890)9月、一葉が本郷菊坂に引っ越してきてから伊勢屋との付き合いは始まった。3年後、台東区の竜泉に移っても金策のために通い続け、没するまでの6年間にわたり関係は続くこととなる。

当時の主人・二代目永瀬善四郎は作家としての一葉に気づいておらず、新聞の訃報でようやく樋口夏子がその人であると知った。

「そんな方とは、ちっとも存じませんで」と悪い事でもしたように、善四郎は香典1円を届けている。

昭和57年(1982)に質店は廃業。平成26年(2014)には取り壊しの話も出たが翌年、跡見女子大学が敷地・建物を買い取ることで解決。土日に限り一般公開も行われるようになった。

 

 

DETA

住所○東京都文京区本郷5-9-4

アクセス○東京メトロ丸ノ内線/都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩7分

東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩7分

樋口一葉旧居跡(本郷)

一葉の艱難辛苦に満ちた24年の短い生涯の中でも、明治22年(1889)7月からの約1年間はとりわけ辛い時期だったろう。

この年の7月に父・則義が病没。長兄・泉太郎は既に没し、次兄・虎之助とは絶縁している。一葉は17歳の若さにして、母と妹を抱え、樋口家の当主として自立しなくてはならなかったのだ。

家を出ていた虎之助の許に3人で身を寄せたものの生活はすぐに逼迫。23年5月、一葉は和歌の勉強に通っていた萩の舎に寄宿することとなった。

和歌の師・中島歌子からは教師の口を世話してやると言われていたが、就職話はいっこうにまとまらず萩の舎では小間使い同様に扱われた。

 

たまりかねるように母娘3人で転居したのが23年9月末頃のこと。ここ、本郷・菊坂であった。

翌24年、一葉はついに小説家を職業にしようと決意する。

 

 

一葉旧居跡は目立たない路地の奥にひっそりとある。

画像の右側、椿の木と井戸のあたりに建っていた。

奥に見える階段はコンクリートであるものの、なんとも時代がかっており、明治中頃にタイプスリップしたような感覚におそわれる。

ちなみに昭和20年代にはこんな風景であった(写真:大竹新助 『日本文学アルバム第3巻 樋口一葉』筑摩書房、1954年刊より。※許可を得て転載)。

 

 

一葉も使っていたこの井戸は、現在も地元の方々に利用されているそう。

 

井戸の上には注意書きが。一葉のちびキャラがちょっとかわいい。

特に記念碑が建っているわけでもなく、普通の住宅地なので静かに見学するよう心がけた。

 

 

一葉旧居跡に行くには、菊坂から一本逸れた脇道から細い路地へ入る。

たいへんわかりにくい場所だが、旧居跡へ続く横道の前だけタイルになっているのが目印。

 

 

DETA

住所○東京都文京区本郷4-32

アクセス○東京メトロ丸ノ内線/都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅より徒歩8分

東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩8分

東京メトロ三田線/都営地下鉄大江戸線「春日」駅より徒歩8分